2007年06月27日

クリス・ベノワ死去


なんとも・・ショッキングなニュースです。

ペガサスキッド時代大ファンでした。

一昨年のエディ・ゲレロの時も驚きましたが、彼まで逝ってしまうとは・・。

ご家族のご冥福をお祈り申し上げます。


W・ペガサスことクリス・ベノワ死去

6月26日16時58分配信 スポーツナビ

<引用:Yahoo!ニュース>
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070626-00000014-spnavi-fight

米国WWEの現役スター・クリス・べノワ氏が現地時間の25日に、米国の自宅で妻、息子とともに一家全員遺体で発見されたとWWE.comが伝えた。享年40歳だった。
 
 1990年代、「ペガサスキッド」や「ワイルド・ペガサス」のリングネームで新日本プロレスで活躍したベノワ氏は、90年にはIWGPジュニア・ヘビー級王座獲得、93年にはトップ・オブ・ザ・スーパージュニア4優勝、さらに95年には、ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア2優勝など、新日本ジュニアのトップ外国人選手として黄金時代を築いた。

 この訃報に伴い、全日本プロレスを代表して、新日本プロレス・WCW時代に交流のあった、武藤敬司とカズ・ハヤシ、そして新日本プロレス時代にジュニアで熱き闘いを繰り広げたZERO1−MAXの大谷晋二郎より追悼コメントが発表された。
続きを読む


posted by Nick at 08:56 | TrackBack(0) | スポーツ

2007年06月26日

サップ、秒殺負け


勝つとは思わなかったけど、26秒殺とは・・。

でも、サップは人気があったし、色々話題を作ってくれそうなので、これでオシマイってことはないでしょう。また何らかの形で試合は組まれると思います。まぁ、これが続ければクビでしょうが・・。

アーツはちょっと可哀そうでしたね。もっとちゃんとした試合で彼をみたかった・・。


アーツ不満「あれで倒れるか」/K1

6月25日9時30分配信 日刊スポーツ

 <K1欧州GP:オランダ大会>◇23日(日本時間24日)◇アムステルダム・アリーナ◇2万5000人
 ボブ・サップ(32=米国)が、1年半ぶりのK−1復帰戦で大失態を演じた。ピーター・アーツ(36=オランダ)に1回26秒、左ヒザを腹に受けKO負け。昨年のモヤモヤを晴らしたアーツだが、ヒザ蹴り1発だけに物足りない様子。「短い時間で終わってしまって非常に残念だ。ヒザが入った感触はあったけど、あれで倒れるとは正直、思わなかったよ。次やる時は、もう少し立ってろ! って言いたいかな」。昨年はサップ逃走の余波をもろに受け、テレビ解説席から急きょリングに上がり、ホーストの引退試合の相手を務めていた。

<引用:Yahoo!ニュース>
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070625-00000010-nks-fight

posted by Nick at 09:02 | TrackBack(0) | スポーツ

2007年05月08日

ムトウの日!?

 
そんな日があるのか・・w
 
彼に似ている人があと6人もいるのか・・?まぁ、スキンヘッドに髭って所だけだろうけど・・。
 
 
6・10「ムトウの日」武藤だらけのバトル
 
全日本の武藤敬司(44)が7日、6月10日の「ムトウの日」に行う特別興行・武藤祭(東京・後楽園ホール)の新企画を明かした。当日は本人とそっくりさんの全8人による、武藤だらけの時差式バトルロイヤルを予定。武藤とタレント神奈月の出場が決まったが残る6人は未定。「似ているレスラーは来てくれ」と異例の呼びかけをした。


 さらに来場した「武藤」姓のファンには、免許証など証明するものを持参すれば、武藤の直筆サイン入りTシャツがプレゼントされる。昨年も6月10日に熊本で武藤祭を開催したが、新企画はなかった。今年はリング内外を武藤で埋め尽くす。「オレも2試合は出る。ムトウの日を体を張ってアピールしていきたい」と武藤。プロレス人気復興の足掛かりとして、ムトウの日を定着させるつもりだ。

 
<引用:Yahoo!ニュース>
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070508-00000023-nks-fight
 
 
posted by Nick at 18:51 | TrackBack(0) | スポーツ

2007年04月09日

あの桜庭が再びプライドのリングに!?

桜庭選手がまたプライドのリングに上がるみたいです。

しかも田村戦!

あんな去り方をしたので暫く戻って来る事はないだろうと思っていましたが、ファンにはうれしいニュースですね。 

桜庭涙のPRIDE復帰!田村と対決へ

DSE最終興行に「サプライズ」が用意されていた。「PRIDE―34」が8日、さいたまスーパーアリーナで行われ、かつてミスターPRIDEと呼ばれ、現在はHERO’Sを主戦場としている桜庭和志(38)がライバル・田村潔司(38)とともにリングに登場。K―1サイドも1試合限定で桜庭の復帰を了承しており、今大会で勇退する榊原信行社長(42)が熱望した夢カードが年内にも実現する可能性が出てきた。

 「育ての親」の顔を見た瞬間、こみ上げてくるものがあった。1年4カ月ぶりの里帰り。リング上で榊原社長の真っ赤な目を見た桜庭のほおを大粒の涙がつたった。「きょうはここで試合をしたかったが、時間がなくてできませんでした。もう1回試合をしたいと思いますのでよろしくお願いします」。時折言葉を詰まらせながら衝撃のPRIDE復帰を宣言した。

<引用:Yahoo!ニュース>
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070409-00000012-spn-spo

posted by Nick at 12:35 | TrackBack(0) | スポーツ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。