2007年11月27日

サランラップ、28年ぶりに値上げ


最近何でも値上げしますが、こんなモノまで・・。

サランラップ 28年ぶり値上げへ 「経費削減も限界」

11月26日17時35分配信 産経新聞
 旭化成ホームプロダクツ(東京)は26日、看板商品「サランラップ」(家庭用)の出荷価格を来年2月12日出荷分から平均7%値上げすると発表した。値上げは昭和55年以来28年ぶり。ジッパー付き保存袋「ジップロック」も12年ぶりに同15%値上げする。

 サランラップは希望小売価格を10〜50円値上げし、ジップロックは現行価格を維持して袋の枚数を2〜10枚減らす。原料のナフサ(粗製ガソリン)価格が3年前の2倍にあたる1キロリットル=6万円台に達し、外箱代などの引き上げも続いて「経費削減を続けたが限界だ」(羽田研司社長)と説明している。

<引用:Yahoo!ニュース>
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071126-00000925-san-bus_all



posted by Nick at 08:03 | TrackBack(0) | 経済

2007年10月30日

万年筆が静かなブーム


ここ10年ほど万年筆を使ってます。家族から今頃万年筆なんて時代遅れ!などと言われながらも使い続けました。まさかブームが来るとは!10年前と言えば丁度何でもかんでもPCでやり始めた頃。コンピュータ時代へのささやかな反抗だったのかもしれません。

万年筆が静かなブーム IT時代も女性のステータス

10月29日13時25分配信 産経新聞
<引用:Yahoo!ニュース>
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071029-00000928-san-bus_all

 デジタル一辺倒の時代に、万年筆が売り上げを伸ばしているらしい。
 実情を知るため東京・日本橋の丸善を訪ねた。日本における万年筆販売の草分けであり、「ファウンテンペン」を「万年筆」と訳したのが丸善−といわれるほど万年筆と縁の深い会社である。
 うわさは本当だった。
 「万年筆の売り上げは5年前に比べ5割増になっています」と、日本橋店文具売り場長の山田明治さん。
 輸入品ならモンブラン・マイスターシュティック145(5万3550円)、ペリカン・スーベレーンM600(3万9900円)、国産品なら3万円ほどのセーラーのプロフィットシリーズ(長刀研ぎ)とパイロットのカスタムシリーズといった「定番」が同店の売れ筋という。
 「客層は以前は40歳以上のシニアの男性が中心でしたが、最近は20代の女性の方もよくお見えになります。若い女性にはパーカーやウォーターマンの2万円前後の商品がよく出ますね」
 ブームの背景を山田さんに尋ねるとこんな答えが返ってきた。
 「若い人たちはパソコンやケータイのメールの画一性に飽きてきたのでは? もっと自分の個性や気持ちを伝えたいと思った人たちが万年筆を《発見》したのではないでしょうか。また、よい万年筆を持つことは一種のステータスと感じるようです。ヴィトンのバッグを買うように、高級品を求める若い女性も少なくないですね」
 ちなみに同店でもっとも多く出るのはペリカンという。ペリカン日本に問い合わせてみると、「ここ5年の売上高は毎年、前年比2けた以上の伸び率を記録しています。一番人気はスーベレーンM400(3万1500円)です」とのこと。
 万年筆は本当に売れているのである。

続きを読む
posted by Nick at 07:39 | TrackBack(0) | 経済

2007年10月15日

ユニーク目覚まし時計続々登場


面白いですね。これからも色々出てきそうだし。起床装置DANGERBOMBとか面白そうだけど、日本に注文したら税関でとんでもないことになりそうで怖い?

走る、飛ぶ、爆発する ユニーク目覚まし時計続々

10月14日17時5分配信 産経新聞

■走り回って逃げる/時限爆弾イメージ
 普通の目覚まし時計では起きられない−という朝寝坊に、強い味方となってくれそうなユニークな目覚まし時計が次々に登場している。セットした時刻になると走り回って逃げる、床に投げつけて止める、時限爆弾をイメージしたタイプなど、眠気を一気に吹き飛ばすスリリングな目覚ましが人気を集めている。(中曽根聖子)
 「なぜ、私の目覚ましはちゃんと起こしてくれないの?」。朝が苦手で、普通の目覚ましに疑問をもった米マサチューセッツ工科大の学生だったガウリ・ナンダさんが考案し、全米で話題を集めたのが「ナンダクロッキー」だ。
 設定した時刻になると、ロボットや宇宙人がおしゃべりしているような電子音を発しながら、部屋の中を走って逃げ回る。起きて捕まえないとアラームを止められない仕組みだ。
 先月、大阪のアークトレーディングが国内販売を開始すると人気に火がつき、たちまち約5000個を売り上げた。
 映画やテレビでおなじみの時限爆弾処理をイメージした「起床装置DANGERBOMB CLOCK」(バンプレスト)もユニークだ。赤・黄・青の3本の配線のうち正しい1本を一定の時間内に抜かないと、激しい爆発音が鳴り響く。スリリングな仕掛けが若い男性の支持を集め、3月の発売から4カ月で1万8500個を売る大ヒット商品に。
 また今月、手榴(しゅりゅう)弾の形をした目覚ましが発売された。壁や床などに投げつけてアラームを止めるという斬新な商品で、その名も「投げて止める!目覚まし時計」。ほかに野球ボール型、サッカーボール型がある。開発した東洋トレーディングは「気合を入れて、スッキリ爽快(そうかい)な目覚めを」とアピールする。

 東京・渋谷の東急ハンズ渋谷店にも、遊び心いっぱいの目覚ましが勢ぞろい。「フライングアラームクロック」は、設定時刻になるとプロペラが飛び出し、本体に戻さないとアラームが止まらない仕掛け。また小銭を入れるまで音が鳴り続ける「バンクロック」は、朝から貯金もできる一石二鳥の優れモノだ。売り場担当の常磐誠さんは「楽しく朝を迎えたいと、若い男性を中心に人気が高まっている」と話す。

 明治32年に服部時計店(現セイコーホールディングス)が日本初の目覚まし時計を発売してから100年余り。セイコークロックも非常ベルと間違えるほど大音量のベルアラームや、携帯電話から好みの曲をダウンロードできる時計などを開発してきた。同社企画本部の吉岡正継さんは「今後もびっくりするような商品を開発したい」と話す。

 ますます多彩に変化する目覚まし時計。自分にぴったりの1台を探して、さわやかな朝を−。

<引用:Yahoo!ニュース>
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071014-00000906-san-ind

posted by Nick at 05:32 | TrackBack(0) | 経済

2007年09月25日

食品値上げ


こちらの方でも色々値上げしていますね。特にバターが値上げしたとかで、バターを使っている商品はほとんど値上げか?

食品値上げ 食卓に影響じわり 冷凍、食用油も予定

9月23日17時20分配信 毎日新聞
<引用:Yahoo!ニュース>
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070923-00000015-maip-bus_all

食品メーカーが、即席ラーメンやカレールーなど身近な食品の値上げを相次いで発表している。地球温暖化で小麦などの生産が減少する一方、原油高を受けて穀物由来のバイオ燃料を使う動きが世界的に広がり、農産物価格が高騰しているためだ。10月にも食用油や冷凍食品の値上げが予定されている。一方で、競争が激しい小売業界は消費者離れを懸念して店頭価格の引き上げに慎重で、値上げをめぐる食品メーカーと小売業者のせめぎ合いが続いている。【工藤昭久】
 

続きを読む
posted by Nick at 08:06 | TrackBack(0) | 経済

2007年09月06日

「ポッキー」内容量1割減


細くなるとか・・。量を減らすだけかな?

ポッキーこちらでも売ってますが高いです。韓国製のものが安く手に入るんですが、あれってパッケージのデザインも同じ感じだけど、グリコで作っているのかな?まぁ、グリコ製品ならどこで作っていても量は減るのかな。

<グリコ>「ポッキー」内容量1割減で価格維持 原材料高で

9月5日22時23分配信 毎日新聞

 江崎グリコは5日、人気菓子シリーズ「ポッキー」の3種類の製品について、10月2日発売分から内容量を1割減らす方針を明らかにした。原油高などの影響で、チョコレートなどに使う乳製品の価格が高騰していることが主な理由。コスト吸収が限界に達し、価格を維持するため、内容量を減らすことにした。
 対象は、「ポッキーチョコレート」「メンズポッキー」「ポッキー極細」。いずれも80グラムから72グラムに1割減らす。【清水直樹】

<引用:Yahoo!ニュース>
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070905-00000138-mai-bus_all

posted by Nick at 07:04 | TrackBack(0) | 経済

2007年09月02日

北欧産マツタケが「救世主」に


そうか・・北欧では放置されるんだ。マツタケ食いたいな〜。

北欧産マツタケ「救世主」に 中国・北朝鮮産需要激減で

8月31日12時14分配信 産経新聞

 北欧産マツタケが今秋、食卓の「救世主」となりそうだ。新顔のフィンランド産が8月下旬、初めて日本に本格上陸。
一方、先行したスウェーデン産は即日完売の人気を示している。輸入マツタケは、主力だった中国・北朝鮮産の需要が激減し、代替品の調達が急務だっただけに、国産品と遜色(そんしよく)なく、価格も安い北欧産の人気が急上昇中だ。
 フィンランドは、もともと森林からマツタケが採れる国だが、食習慣の違いから放置されていた。それを国立森林研究所(ヘルシンキ)が日本市場に着目、輸出することになった。
 フィンランド産は、現地の卸売価格が1キロあたり2ユーロから20ユーロ(約320〜3200円)程度。まだ量は少ないが、東京・築地市場で取引が始まり、間もなく一般市場に出回る見通しだ。
 先行したスウェーデン産は大阪の阪急百貨店などで販売が始まった。国産品とほぼ同じDNAを持ち、価格は5分の1という安さで即日完売。フィンランド産もほぼ同じ品質とされる。
 フィンランドでは、国立森林研究所が2年前、日本向け輸出を目指すプロジェクトを立ち上げ、生産量の把握や流通網の整備を進めてきた。担当のエイラ・サボーネンさんは「採取を副業としたい定年退職者の問い合わせも多い」と話す。
 財務省や日本貿易振興機構(ジェトロ)などの統計によると、日本が輸入する外国産マツタケは、一昨年は中国・北朝鮮の2カ国で85%を占めた。だが、中国産は食に対する不信感から大幅に需要が落ち込み、北朝鮮産は経済制裁の影響で輸入禁止が続いている。

<引用:Yahoo!ニュース>
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070831-00000907-san-bus_all

posted by Nick at 08:08 | TrackBack(0) | 経済

2007年08月22日

米パラマウント、「HD DVD」を支持


いったいどっちが主流になるんでしょう??

米パラマウント、次世代DVDで「HD DVD」を支持

8月21日12時50分配信 読売新聞
 【ニューヨーク=池松洋】米娯楽・メディア大手バイアコム傘下の米大手映画会社パラマウント・ピクチャーズとドリームワークスSKGは20日、規格が分裂している次世代DVDについて今後は東芝が主導する「HD(高品位)DVD」方式のみに作品を供給すると発表した。
 今秋から始まる年末商戦に向け、規格争いの行方は混とんとしてきた。

 次世代DVD規格を巡り、米大手映画会社では、ソニーや松下電器産業などが推進する「ブルーレイディスク(BD)」方式を支持する陣営が多数派だ。ウォルト・ディズニー、20世紀フォックス、ソニー・ピクチャーズエンタテインメントなどが支持を表明している。

<引用:Yahoo!ニュース>
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070821-00000402-yom-bus_all

posted by Nick at 10:09 | TrackBack(0) | 経済

2007年08月16日

これからはメキシコ産?


中国産がこんなことになってますので、次はどこから輸入するのか・・と言えば、メキシコですか。ちょっと遅れてますが、NZでも中国産の問題商品が話題になってまして、こちらは例の歯磨き粉と、おもちゃの大量リコール、あと、NZの会社の商品なので、当然NZ産だと思ってたら中国産だったみたいな食品が結構あったみたいで、話題になってました。

メキシコ産、機は熟す 農水産業者、日本輸出へ意欲

8月15日8時1分配信 産経新聞

 メキシコが農水産物の対日輸出を強化し始めた。経済連携協定(EPA)で関税撤廃が進んだうえに、直行便による輸送インフラも整ってきたからだ。とりわけ、太平洋岸のバハカリフォルニア州は、地元政府が農産品の品質保証取得を後押し、日本の消費者を意識した政策に取り組んでいる。増産を計画する農水産業者も多く、日本に熱視線を送っている。(田村龍彦)

<引用:Yahoo!ニュース>
【記事全文はこちらから】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070815-00000075-san-bus_all

posted by Nick at 06:45 | TrackBack(0) | 経済

2007年08月06日

4000年のエジプトビール復刻


こんなものを商品化するなんて!やっぱり日本は楽しいな。

しかし、こういうものって美味しいのかな?まぁ、激マズのものを量産するとは思えないけど、こういう話題先行の物って消費者は1回買ってオシマイってパターンが多いですよね。ペプシのキュウリ味みたいなわーい(嬉しい顔)

これはどんなもんか・・。


吉村先生も太鼓判!4000年のロマン味“復刻”エジプトビール

8月5日20時21分配信 産経新聞

 約4000年前のエジプトで飲まれていた古代ビールの“復刻版”が今月中旬、いよいよ販売されることになった。黄桜(京都市伏見区)と京都大、早稲田大が共同開発した「ホワイトナイル」で、これまでは通常の小麦を使って「古代風」の商品を販売していたが、当時の原料とされる小麦の量産に成功。商品化にこぎ着けた。製法は現在のままだが、関係者は「古代のロマンと味わいを堪能してほしい」と話している。

 古代エジプトのビールをめぐっては、平成16年、エジプト考古学の権威で元早大教授の吉村作治・サイバー大学長らが壁画を分析し、古代製法を再現。この時は、高コストなどの理由から商品化は見送られた。

 しかし、京大と早大が引き続き古代ビールの“復刻”を検討。約1万種の小麦を収集、保存している京大が、古代エジプトでアルコール飲料の原料に用いられていた「エンマー小麦」の種子を黄桜に提供し、17年秋から京大付属農場(大阪府高槻市)で量産体制へ向けた試行錯誤が続けられた。

 栽培ノウハウなどもなかったが苦労の末に今年6月、1.2トンの収穫に成功。この間、同社は近縁種の「デュラム小麦」で代用したホワイトナイルを販売していたが、「やはり“本物”の味を」と、リニューアルを決めた。「深く静かな味わいと、優しく丸い口当たりが、さらに際立ちました」(同社)。京大付属農場長の山田利昭教授も「収穫の少ない野生種でつくっており、古代へのロマンを感じてほしい」と話している。
 京大、早大の生協や黄桜直営店、京都や大阪の百貨店などで販売される。330ミリリットル入り450円。

<引用:Yahoo!ニュース>
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070805-00000913-san-bus_all

posted by Nick at 06:57 | TrackBack(1) | 経済

2007年06月07日

BK日本に再上陸


バーガーキングが日本から撤退したことすら最近まで知りませんでした。あせあせ(飛び散る汗)

日本の外食産業は激戦区ですからね〜。でもワッパー食べたい!って人結構いたんじゃないかな?

NZにあるバーガーショップはマック、BK、ウェンディーズ、KFCくらいかな?あと個人でやってるような店がいっぱい。実はこういう小さい店のバーガーがデカくておいしかったりする。



<米バーガーキング>日本に再上陸 新宿に1号店

6月7日3時7分配信 毎日新聞

米大手ハンバーガーチェーンのバーガーキングが日本に再参入し、8日に東京・新宿に1号店を開店する。93年に初めて日本市場に参入したが、業績悪化で01年に撤退していた。今回は、ロッテリアを展開する企業再生会社のリヴァンプなどとフランチャイズ契約を結び、巻き返しを図る。国内のハンバーガー市場での競争が激化しそうだ。

 バーガーキングは、じか火で焼いた肉の中に野菜をはさんだ直径13センチの大型ハンバーガー「ワッパー」が看板商品。前回は西武鉄道グループなどと組んで、首都圏を中心に出店した。しかし、価格が他のハンバーガーチェーンに比べて割高だったため、00年にマクドナルドが65円バーガーを販売するなど安売り競争の中で劣勢になり、撤退に追い込まれた。

 今回の再参入は、日本の景気回復が進み、高価格商品でも消費者の支持は得られると判断したためで、バーガーキング・ジャパンの笠真一社長は「以前はハンバーガーも牛丼も安さが強さだったが、今はおいしいものであれば高くても売れる」と説明する。

 来年3月までに東京都内に8店、今後3年間で首都圏に50店を出店する計画。しょうゆ味の「テリヤキワッパー」なども販売する。ロッテリアとは地域を分けて出店し、原料の共同調達なども検討している。【工藤昭久】


<引用:Yahoo!ニュース>
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070607-00000023-mai-bus_all




posted by Nick at 07:34 | TrackBack(0) | 経済

2007年05月02日

無糖コーヒー商戦

 
「無糖コーヒー」が人気。
 
これも90年代に日本を離れた私には信じられない事の1つです。
 
「無糖コーヒー」、昔もありましたよね?不味かったような気がしましたが、美味しくなったのかな?
 
実は私の住んでいるNZでも種類は少ないけど日本の缶コーヒーが買えます。最近「無糖コーヒー」もよく見るようになったのですが、昔のイメージがあるので買ってませんでした。
 
1回くらい買ってみるか・・・。
 
 
飲料各社、「無糖コーヒー」ボトル缶で攻勢
 
<引用:Yahoo!ニュース>
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070501-00000007-fsi-ind
 
■飲みごたえ・持ち運びに便利…市場拡大
 飲料メーカー各社が「無糖コーヒー缶」市場でホットな商戦を繰り広げている。主力商品はボトル缶タイプ。内容量が約300グラムと飲みごたえがある上に、持ち運びや保存に便利なリキャップの採用が愛飲家に支持されている。需要が伸びる夏場を控え、各社は相次ぎ新商品を投入しており、販売競争が激化しそうだ。
 
 2006年度のブラック無糖缶コーヒーの市場規模は、前年度比15%増の4740万ケース(1ケースは24本)。なかでもボトル缶タイプは約20%増と市場拡大を牽引(けんいん)する成長商品だ。
 
 ボトル缶ブラック無糖コーヒー市場で60%超のシェアを握るJTは、4月16日に「ルーツ アロマブラック」(300グラム、130円)を発売した。同市場をリードしてきた「アロマブラック」をリニューアルした新商品で、新しい焙煎(ばいせん)法を導入し、従来の豊かなコクはそのままに、良質なアロマ(芳香)を引き出している。
 
 JTのシェア切り崩しを狙うUCC上島珈琲(神戸市中央区)は、「UCC BLACK無糖 COOL STYLE リキャップ缶300g」(300グラム、137円)を3月に市場投入した。
 
 
 
 
続きを読む
posted by Nick at 16:30 | TrackBack(0) | 経済

2007年04月12日

「ダイソー」開店、大創とは無関係?

ブルネイデ日本の100円ショップとして有名な「ダイソー」の小売店が開店したもようだ。と、言っても大創産業は認めていない?
私海外に在住しているのですが、「ダイソー」の商品は重宝しています。もっと海外進出してほしいものです。
でもこの話は不思議ですね。開店式典にはDaiso Singaporeの社長とされる日本人男性が出席??

【マレーシア】ブルネイに「ダイソー」開店、大創とは無関係

ボルネオ島北部に位置するブルネイの首都バンダル・スリ・ブガワンに日本の100円ショップとして有名な「ダイソー」の小売店が開店したもようだ。ただ、大創産業(広島県東広島市)は「当社とは無関係」としており、場合によっては法的措置も検討する構えを見せている。開店式典にはDaiso Singaporeの社長とされる日本人男性が出席したとして、ブルネイ地元紙でも写真入りで報じられていた。
10日付のブルネイ地元各紙によると、ディスカウント店の「ダイソー」はバンダル・スリ・ブガワンのスリ・Q―ラップ・モール内に開店。記念式典には「Daiso Singapore」の社長とされる日本人男性「オーシマ」氏が出席したもようだ。
 ブルネイ店は「Daiso Brunei Sdn Bhd」なる会社によって経営されている。同社のポー・シェーナム社長はブルネイの非政府組織(NGO)に4,000ブルネイ・ドル(約9,087リン ギ)を寄付。ポー社長は式典で「この国に初のダイソーが開店したことで、住民は世界水準の商品を安価で手に入れることが可能になったと思う」と述べた。従業員は法被を着用し、拍手で初の顧客を出迎えたという。


<引用:Yahoo!ニュース>
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070412-00000004-nna-int

posted by Nick at 12:35 | TrackBack(0) | 経済

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。