2007年08月01日

今度はショウガから残留農薬検出


もう誰も驚かないとは思うけど、またニュースになりましたね。これも氷山の一角でしょうし。

NZではスーパーなどで売られている物の成分表示などは詳しく表示されているのですが、野菜や果物についてはどこが産地なのか書いていたり書いていなかったり。とても不安になります。日本とは逆ですね。


使用禁止の残留農薬、中国産ショウガから検出…米国

7月31日12時24分配信 読売新聞

 【ロサンゼルス=飯田達人】米カリフォルニア州保健局は29日、中国産の生ショウガから、使用が認められていない農薬の残留物が見つかったとして、消費者に食べないよう警告した。
 見つかったのは殺虫剤アルジカルブの一種で、州内の業者が輸入し、大手スーパーの店舗で販売された。これまでのところ、体調悪化などの被害は届いていないという。

 米国では、中国から輸入したペットフードやダイエット食品、魚介類などから次々と有毒物質が検出されており、政府が安全対策強化に乗り出している。

<引用:Yahoo!ニュース>
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070731-00000203-yom-int



posted by Nick at 07:23 | TrackBack(0) | 海外

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。