2007年07月31日

子供の紫外線対策 


NZの紫外線は日本の7倍以上とか言われていますので、子供達には冬でも日焼け止めクリームを塗ることが多いです。日に当たると暑いというより痛いと感じることがあるくらい。しかも危険日は夏よりも春先(南極のオゾンホールが広がる時期)、晴れの日だけでなく曇りの日も危ないそうです。オセアニアに来る予定のある人は季節を問わずに日焼け止めクリームを持参又は購入することをオススメします。


私が子供の頃は夏休みとかになると結構日焼けしてましたが、年をとってから影響が出てくるんですね。怖〜っ

紫外線対策 子供に視線 資生堂、全国の小学校で啓発活動

7月30日8時34分配信 フジサンケイ ビジネスアイ

 ■新市場開拓を狙う
 紫外線対策は子供のときから−。皮膚の老化や皮膚がんの恐れなど紫外線の影響が問題になるなか、子供の日焼け防止が重要になりつつある。全体としては横ばい状態の日焼け防止グッズ市場だけに、クリームや日傘、帽子にとどまらず、シャツ、パンツなど子供用の製品開発が盛んになりそうだ。資生堂は、全国の小学校を中心に、子供たちに向けた紫外線対策教室「ジュニアプロジェクト」を月2回実施、啓蒙活動に力を入れている。(堀口葉子)

 真っ黒に日焼けした子供は健康の証、といったイメージは今や昔。室外で太陽光を浴びる機会が多い子供は、後年の皮膚がんや白内障発症のリスクを高めると懸念されるはじめている。
 日本小児皮膚科学会などが全国の小学校3000校(有効回答校1147校、06年11月15日〜12月15日実施)を対象に行った調査によると、「小学校で何らかの紫外線対策を実施しているか」の質問に対し、「している」が56%、「していない」が44%で、まだ半数近くが対策なしの状態だ。東京慈恵会医科大学の上出良一・皮膚科学講座教授は「学校保健の中で、紫外線の害を指導してほしい」と学校の紫外線対策強化を求めている。

 気象庁が観測した、紫外線が人体へ及ぼす影響の度合いを示す「紅斑(こうはん)紫外線量」の推移をみると、札幌、つくば、那覇など各地で増加傾向が続いている。例えば札幌は97年の年平均が1・41だったが、06年は1・55を示している。

 世界保健機関(WHO)は紫外線を過度に浴びたことで、世界で年間6万6000人が皮膚がん(悪性黒色腫など)で死亡したという報告書を05年に発表。「今も毎年、200万〜300万人ずつ皮膚がんにかかっている」(WHO健康開発総合センター)という。年齢別の発症データはないが、紫外線の影響が知られるようになったことで、子供の紫外線対策への関心が高まっている。

 資生堂ビューティーソリューション開発センター参事・薬学博士の林俊克さんは「生涯浴びる紫外線量の半分は18歳までに浴びるといわれている。つまり、18歳までに、いかにケアをしたかが大切」と話す。同社は現在、全国の小学校を中心に「ジュニアプロジェクト」を実施。子供や父母らを対象に、紫外線の肌への影響やその防止方法などを説明している。「まだ子供の紫外線対策は遅れている。まずは啓発活動を通してニーズをつかんでいく」方針だ。

<引用:Yahoo!ニュース>
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070730-00000002-fsi-bus_all



posted by Nick at 07:29 | TrackBack(2) | 健康

この記事へのトラックバック

紫外線の影響の情報
Excerpt: 京都の嵐山の風景がふと蘇ってきました。走馬灯のように・・・まだ死にたくはない。...
Weblog: 紫外線の影響
Tracked: 2007-09-27 13:52

紫外線の影響の情報
Excerpt: なんということでしょう!!というフレーズがなんてことない場合多数。もう期待させ...
Weblog: 紫外線の影響
Tracked: 2007-09-28 23:37
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。