2007年07月30日

心拍数190!キッス公演見合わせ


キッスのポール・スタンレーが、リハーサル中に心拍数が通常の2倍以上になり、ショーへの出演を取り止めたそうです。

頻脈・・恐ろしいな。大事に至らずよかったです。ストレスでも溜まっていたか?それとも・・。いつまでも元気でがんばってもらいたいものです。


キッスのP・スタンレー、心拍数190超え公演見合わせ

7月29日18時5分配信 ロイター

[ロサンゼルス 28日 ロイター] 米人気ハードロックバンド、キッスのボーカル兼ギタリストのポール・スタンレー(55)が27日、米カルフォルニア州で行ったショーのリハーサル中に心拍数が通常の2倍以上に達したため、ショーへの出演を取り止めた。自身の公式ウェブサイト(http: //www.paulstanley.com)で明らかにした。
 ロサンゼルスの東145キロにあるサンジャシントのカジノで同バンドがリハーサルを行っていた際に、頻脈に見舞われたという。

 スタンレーは、自身のウェブサイトに「私の心拍数は1分間に190拍を超えるほどになった。この状態が1時間以上続いたので、救急救命士を呼んで、一瞬心臓を止め、通常の状態に戻さなければならなかった」とコメントした。

 米国心臓協会によると、心拍数は通常1分間に60─80回。
 スタンレーは、ショーへの出演は危険と助言を受けたため、出演を見合わせた。メンバーのジーン・シモンズがファンに対し、3人でショーを行うと説明、スタンレーにささげる内容に変更した。
 キッスは1973年にスタンレーとシモンズによってニューヨークで結成。全盛期には「Rock and Roll All Nite」や「Shout It Out Loud」などがヒットした。スタンレーは昨年、ソロ・アルバムもリリースしている。

<引用:Yahoo!ニュース>
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070729-00000091-reu-ent



posted by Nick at 04:53 | TrackBack(0) | 芸能、エンタメ

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。