2008年08月06日

海馬の神経細胞、カフェインで増強


コーヒー好きには朗報か?と思いましたが、コーヒーを飲むくらいでは記憶への影響はないそうです。

<北大>海馬の神経細胞、カフェインで増強 研究チーム発表

8月5日11時54分配信 毎日新聞

 記憶や学習に重要な役割を果たす脳の「海馬」の神経細胞が、心筋の細胞が収縮するのと同じ仕組みで記憶を形成し、その働きがコーヒーなどに含まれるカフェインによって増強されることを、北海道大などの研究チームが明らかにした。研究チームは「認知症や記憶障害の薬の開発につながる可能性がある」と話す。5日、米科学アカデミー紀要電子版に掲載された。
 北大の神谷温之教授(神経生物学)らは、マウスの海馬の切片にカフェインを加えた。その結果、細胞内のカルシウムの濃度が高まり、30〜60分間、神経回路の信号伝達が良くなった。
 カルシウム濃度が高まったのは、「2型リアノジン受容体」と呼ばれるたんぱく質の働きが高まったためとみられる。このたんぱく質は心筋細胞に多く存在し、細胞内の「小胞体」という小器官に蓄えられたカルシウムイオンを放出させ、心筋を収縮させる。研究チームは、心筋収縮と同様の仕組みで、海馬での記憶形成が増強されたとみている。

 カフェインには、筋肉を収縮させる働きがあることが知られている。神谷教授は「実験で使ったカフェインは高濃度なので、コーヒーを飲むくらいでは記憶への影響はない。だが、カフェインや同様の働きを持つ物質から、認知症などの薬を開発することができるかもしれない」と話す。【山田大輔】

<引用:Yahoo!ニュース>
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080805-00000029-mai-soci



posted by Nick at 06:43 | TrackBack(0) | 健康

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。